読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きっかけは

舞台の上でキラキラ輝く人を尊敬している系女子の雑記。SexyZoneにお熱。

DREAM BOYS 【2幕】

あっという間にドリボは千秋楽を迎え、バレーも終わり夏のお仕事がひと段落。私の現場もひと段落。セクゾちゃんもファンの皆さまもお疲れさまでした。楽しい夏でしたね~!13月突入するまでに書きかけの大量の下書きレポを何とか消化したい~!

 

今回も長いよ。

 

【2幕】
01.光と影

スクリーンに鏡面世界っぽい街が映る。表と裏が入れ替わった世界だそうですが、これもまたユウマの心の世界なのかなあ。

ユウマ「ユウキ、心配すんな。俺が必ず助けたる」

(※相変わらずユウマの台詞が全部関西弁で聞こえる病。実際は標準語です)

そこにDollsちゃんがユウマを探してやってくる。

「ユウキは心臓に重い病気を抱えている」

「完全に治すには心臓移植が必要だそうだ」

「心臓なんて簡単に見つかるはずないだろ!」

 

Dollsちゃんが捌けたあと、優馬くんが舞台の額縁を歩くフレームフライング。

センターまで行ったら逆さまのまま降りたり、くるって回ったりしていてヒヤヒヤ。降りてくるとき「ギギギギギー」って本当にレールを手動で下してるような効果音するんだもん。。反対側まで行くと、顔だけ壁から出して、下で衣装替えする優馬くん。なんか面白いww別に捌けたらよくない?ww

 

マリ「ユウマが大金を必要としていたのは、ユウキが心臓に重い病気を抱えていたからだったんだ!なんで分からなかったんだ…先輩のこと一番分かっているのは僕だったのに…」

心を痛めるマリちゃん本当に天使ではまり役。はまりうす。でも「先輩」というワードがちょっと引っかかる。

 

そしてまたステージに優馬くんだけになり、スクリーンに映った光を操るような演出をしながら、新曲『光と影』。

途中までJr.含めバックダンサーなしで完全にソロで魅せてくれる優馬くん。めちゃダンスかっこいい。

ユウマ「必ず心臓を見つけ出してやる!!!」

 

続いてチャンプ側のThey武道さん他がビル街をユウマを探していると、なぜかチンピラに絡まれるシーン。ただの繋ぎかな?

 

そしてユウマがまた現れ、今度はジャニワで健人くんもやってた壁フライング。今回初めて気づいたんですけど、この壁フライングの操縦、めっちゃ手動なんですね!前から数列目上手に入った時、上手にあるセットの中がうっすら透けていたのですが、中でスタッフが井戸汲みの要領(上からロープが二つ垂れ下がってて、一人がそれを身体ごと下に引き下ろし、もう一端が上に上がるので、それをもう一人がまた身体ごと下に引き下ろす)でめっちゃ身体張って操縦してて驚きました…!

 

02.THE DREAM BOYS

リカさんによるプロデュースでデビュー目前のDollsちゃんたちが生放送の音楽番組で演奏を披露する、というシーン。演奏する曲は「幻の作曲家」が作った『THE DREAM BOYS』。まあこれユウマが1幕で歌ってたやつですよ…そういえばあのシーン、リカさんもいたな。普通にユウマとマリの可愛い交流に癒されてるのかと思ってたら、こういう繋がりになってたのか。後でよく見たらめっちゃ悪い女の顔してました。

出演前にヤスイがリカさんに頼まれてた仕事を降りたいと言い出してちょっと揉めるシーンがあるのですが、ここのヤスイとリカさんが物理的に近い…!近すぎるよリカさん!!どきどき。

生放送が始まると、カメラに向かってユウマに「ユウマ!この放送が終わったら話したいことがあるんだ!ごめん!」的なメッセージを私信しちゃうvo.ヤスイ。呆れて帰るリカさん。

そしてバンドシーンなのですが、もう風isコン彷彿とさせる風isバンド(Vo.安井, Gt.真田, Ba.森田, Dr.萩谷, コーラス半澤増田)で、あの夏を思い出してめっちゃエモい。

ドラム厨なので萩谷くんばっかり注目して見ちゃうのですが、立ちドラムだった!!しかも自分をはさんで前後にドラムがあり、ステージが回転するので途中で自分が回転して後ろのドラムを叩き始めたりしててめちゃかっこいい!!!

立ちドラムだとフットがやりづらくて安定しないんですけどめっちゃキマッてた~かっこいい~!

ところで半澤くんと増田くんはチャンプ側だったのになんでここで一緒に歌ってんだ~!?

 

03.フウマの病室

場面は変わってフウマとユウキが入院する病院。

フウマの病室にユウキが遊びにきました(そして、それを病室の外から立ち聞きしているマリウス)。

シルクっぽいテロテロパジャマのチャンプ超可愛いーーー!!!

さっきまでの威勢はどこへやら、ベッドの上で弱り切ってグローブを見つめるチャンプ…。声もかすれかすれで可哀想なのに萌えちゃうごめん…。

 

ユウキ「僕もチャンプになりたかったな」(病気なのを自分でも分かったんですね…)

フウマ「ユウキ、大切なのは諦めないことだ」

 

「こっち来るか。ほら、おいで」と言ってユウキをベッドに誘う風磨くん…死…。

 

フウマ「お前には応援してくれる人がたくさんいるだろ?」

ユウキ「フウマだけだよ…」

フウマ「マリウスもいる!それにユウマも」

フウマ「ユウマはずっとお前のために生きてきたんだ。お前のためにボクシングを辞めたんだ…許してやれるな?」

えええええ!どこで気付いたの????何でもお見通しのチャンプ超かっけええ!

そして大嫌いだった兄のやさしさに気付き、泣き出すユウキ。ここの展開ちょっと早い。

フウマ「これ、ユウキにあげるよ。俺が初めてタイトル獲ったときのグローブ!」

本当はユウマと試合する予定だった新人賞のときのやつかしら。ずっと大事にしてるチャンプ超かっけえんすよ。

ユウキ「またボクシング教えてくれる?」

フウマ「…もちろんだ。今度はユウマと二人で教えてやる」

間!この間!自分の死期を悟ってる間!(泣)

ユウキ「またね!」

フウマ「……またな」間ァ…(号泣)

 

 そしてユウキと入れ違いでマリウスがやってくる。

フウマ「マリウス、ユウマを助けてやってくれ。お前がやるんだ。お前ならできる。お前にしかできないだろ…?」

マリ「フウマくん…!」

f:id:salty24:20150924144136j:image

ここの台詞、初日は「お前にしかできないんだ!」と言い切りだったのに、「お前にしかできないだろ…?」と、自分の死期を悟って、本当は自分が助けてやりたいけどできない悔しさが滲み出ててめっちゃ二重丸だった(;;)

 

マリ「わかった、僕にできることは何でもするから。今は休んで?」

そう言って、マリの腰を掴んでいたフウマに優しくお布団をかけてあげるマリちゃん天使。

 

フウマ「この問題が片付けば、昔みたいな3人に戻れる」

マリウス「昔みたいな…?」

フウマ「♪終わらない~」

マリウス「その曲…!」

フウマ「♪夢をめざ…そぉ…雨の日も~風ぇの日にも…ずっと…」

明らかにどんどん容態が悪化していくフウマ。それでも息も絶え絶え、3人の思い出の曲を歌い続ける。

このときずっと風磨くん推しカメラしてると、途中で急に風磨くんの後ろに死神が出てくるので毎回びびる(途中からベッド裏の幕が開いて、そこに死神がずらっと並んでいる…めっ怖…)

フウマ「♪さぁ夢が…はなひらくと…き…」(効果音「ピーーーーー」)

マリウス「フウマくん…?フウマくん!!!!」

上から白いお花が数本ベッドの下あたりにザザザッと突き刺さり、死神がベッドを取り囲む。チャンプ、死。本当に悲しい。つらい…。

ここでマリちゃんが風磨くんにすがりつくようにしているので、いつものようにマリちゃんに悪戯とかしてるんじゃないの~ニヤニヤと思ってたけど、全くそんなことなくて超真剣演技だから本当につらくなっちゃう。チャンプ〜(;_;) 悲しすぎて2日目以降、真っ黒喪服みたいなワンピで帝劇通いしてました。

 

04.Fight All Night vs All Of Me For You

「チャンプが死んだ」

街中にシーンは移り、ユウマ側のDollsちゃんとチャンプ側のTheyさんご一行で喧嘩が始まります。

大好きなファイオー!安井姐さんがしっかり仁くんがよくやってた突き刺すポーズしてくれてて大変うれしい。

あと、曲前にお互いセリフ言い合うところで、セリフ言ったあとにアクロバットしてるのがかっこいい。

 

そこに1幕最後に誤ってユウキに刺されたヤマモトが登場。

ヤマモト「刺したのはユウマじゃない…!ナイフを持っていたのは俺なんだ。ユウマはユウキをかばっているだけなんだ」

「なんだって!?」「ユウマを探そう!」

 

05.Get It!

一方ユウマはというと、ベンチに座り、母親との思い出を回想中。お母さんの絵を描いたから見てみて~♡という幼きユウマを「うるさいわね!後で見るから置いといて!」と一蹴する母親、の映像が流れる。この母親の声が完全にマダムで、あっ(察し)。

 

そこにやってくるマダム。

マダム「ごめんなさい、ユウマ。悪いのは全部私なの。あなたのお父さんが病に倒れたときも私は舞台に立っていた…。許して!」

ユウマ「親子の縁を切ったのはあんただ!俺じゃない!」

なんと、ユウマの母親はマダムだったようで。これ、お互い知っててユウマはマダムの元で働いていたのだろうか。ちょっと謎。

更にそこにやってくるリカさん。

リカ「数年ぶりの親子の再会。感動的な場面を想像してたけど、地獄ね」

このセリフの言い方がとても好き。

そして、リカさんの大暴露大会が始まる。どうやらマダムの夫(ユウマの父親)が病気になったとき、マダムに放置されたマダムの夫をリカさんは見ていられなくなって、看病をし、3年一緒に暮らし、子供までできたとか…。旦那が他の女と3年も暮らしてたことを知らないってどういうことよ。何だか昼ドラのようになってきました。

リカ「子供は施設に入れたわ。たった一人であなたに復讐するためにね!!!」

なんの復讐なのかがいまいちわかりません。マダム夫を放置した復讐…?

そして、どうやらリカさんがヤスイに探させていたのはその施設に入れた子だったようです。でも、ユウマとの腹違いの子ってことは…

 

ここでマダムとリカさんによるGet It!

めちゃくちゃ歌上手い~!そして途中から割り込んでくるユウマも一緒になって歌う。この曲めっちゃかっこよくて好きです~!

 

ユウマ「リカさん!なにもかも言ってやろうか!!リカさんの子供、いま俺と一緒に暮らしているよ!ユウキがあんたの息子だよ!!」

リカ「なんですって!?」

ユウマ「自分たちの都合で俺たちを振り回すのはもうやめてくれ!!!」

 

ここでユウマが警察に見つかりそうになり、マダムがかばって撃たれる(かすっただけ)。

マダム「逃げなさい!早く!はやく!!!」

ユウマは逃げていき、マダムとリカさんだけに。

リカ「私、なんてことを…ユウマは私の息子の恩人だというのに。私たち二人とも母親失格ね」

仲直りするお二人。

ところで、リカさんが何年にも渡ってヤスイに探させていたユウキですが、ユウマはあっさり自分たちは腹違いの兄弟であることを知っていたのがこれまた謎。本当にヤスイがただ仕事してなかっただけなのかな…それとも知ってて教えなかったのか…?また謎が増えました。

 

06.落下

ユウマを探すご一行。そしてDollsちゃんたちも…

「ユウキが病院からいなくなった!」

リカ「病院…?」

「ユウキは心臓が悪いんだ。無理をしたらユウキの心臓は止まってしまう!」

リカ「なんですって!?」

リカさん、ユウキの心臓が悪い話は知らないのか…。見つけた我が子の心臓が止まりそうだなんて辛い展開だなぁ。

 

そこにユウマ登場。そしてユウキは客席真上あたり(ビルの上っぽい感じ)に。

ユウキ「お兄ちゃんに謝らなくちゃ!」

ユウマ「待ってろユウキ!今行くから!」

そしてユウマもビル上に行くけど、ユウキが足踏み外しちゃう。そしてそれを助けようとしたユウキが客席真上から奈落まで真っ逆さまに落ちるー!(実際落ちるのはスタントマンさんです。金髪ウイッグがすごい目立つ)

 

07.And I'll Be There

ユウマが落ちた奈落に向かって手を伸ばすフウマ。引き上げられるユウマ。

どうやらここは天国。真っ白いお洋服に身を包んだフウマがいました。

 

 ユウマ「お前が助けてくれたのか…どうやって?」

フウマ「『どうやって?』?どうやってって何?こうやって。こうやって右手で」

ここからチャンプ唯一のアドリブシーン♡

初日は上記のような感じで、千秋楽は

フウマ「さあ問題です!どうやってフウマはユウマを助けたでしょうか!?

A.優しく右手で。B.助けないとモラル的によろしくないので仕方なく右手で。C.助けていない。さあA,B,Cのうちどれ!?」

ユウマ「…Cで」

ユウマ「この問題でわかるのはあなたの性格です!Cを選んだあなたはスケベです。見直しましょう!」

ユウマ「…どこなんだここは?」

フウマ「wwww(無視された) あの門の向こうは死者の世界」

ユウマ「きれいな門やなぁ~(近付く)」

フウマ「おい!やめとけ!」

ユウマ「でもきれいな門やで~」

フウマ「わぁ~すごいきれいな門~♡ってやめろ!俺を死の世界にいざなうのはやめろ」

という可愛いアドリブが繰り広げられます。「いざなう」がめっふうまくん。

 

フウマ「まともにいけば俺たち、こんな風にバカやってずっと仲良くいられたんだよな…ユウマ、最後に闘ってくれてありがとう」

そして『And I'll Be There』を二人で。とてもきれいな曲で二人とも全然歌い方違うけど、二人のハーモニーが気持ちいい。

 

途中でまわりのモブお姉さんから白い箱を手渡されるフウマ。それをそのままユウマに。

ユウマ「これは?」

フウマ「俺の心臓。未来のチャンプへのプレゼントだ」

ユウマ「!…ありがとう」

そしてユウマはそのままステージ下に降りていく(現世に帰る)。

フウマはあの門をくくる。

フウマ「元気になったあいつを見たら、たまには俺の事、思い出してくれよな…。最高の仲間と過ごした人生、悔いなんかねえよ…!♪And I'll Be There~」

全米が号泣

 

08.Next Dream

ユウマがいた小屋?小劇場?に集まっている皆さん。ヤスイを責めたかと思うと、それぞれ「俺が悪いんだ」「いいえ、私が悪いの!」など、謝り合戦に。

マリウス「みんな少しずつ歯車が狂って…皆悪くないんだよ、ね、リカさん?」

リカ「マリウス…ありがとう」

マリちゃん相変わらずスーパー天使。

 

そこにユウマが走ってやってくる。

ユウマ「ユウキの手術が成功した!!!これからはフウマの思い出と一緒に生きよう」

 

するとステージ端っこにフウマが天国から覗いてる感じでいる…!きゃわわ!

そしてユウマ、マリウス、フウマでネクドリ。マリちゃんのお声が大変ピュアで美しい~!

今度は白スーツでTheyさん、Dollsちゃんが少しずつ出てきてネクドリ歌う。2日目にTheyさんが大変可愛らしいお顔をしていることにここで気付く。背丈もちっちゃめで可愛い~!千秋楽では基本的に林君に注目して鑑賞させて頂きました。こうやってまた新しく素敵な人を見つけられるのも舞台の醍醐味ですね。

 

サビで黒スーツ優馬くんがセットの大階段の上から登場!ちなみにこのセットはお城っぽい感じ。全体通してなぜかドリボはお城モチーフ多いよね。なんで?

そのあとマダム、リカさんが登場して、お二人を両手に階段を下りなさる優馬くん。かっこいい。リカさんのドレス姿が大変お美しかった…!

 

また端っこから今度は黒スーツの風磨くん登場。

フウマ「ユウマ、マリウス、みんなのことを頼んだぞ!俺の分まで精一杯生きろ!夢、諦めんじゃねーぞ!!」

で一人フライング!いつの間にかマリちゃんも出てきてて、みんな暖かい目でフウマを見ている~!着地後も外してくれたさなじいに優しく肩ポンされている。愛され風磨くん。

そのあと3人でもう一度フライングして終了。大変美しかった~!

 

09.挑戦者

幕が閉じたあと、ユウマ一人でED『挑戦者』。ちょっと亀ちゃんっぽい歌い方でまた懐古厨泣いちゃう。

 

ちょっと長すぎるのでSHOETIMEはまた別記事にしよう…。なんか長くなっちゃうなぁ。